契約社員でも住宅ローンを借りられる銀行は?

契約社員も住宅ローンを組める?【年収・勤続年数の条件】

「契約社員が住宅ローンを組む方法は無いでしょうか?」「勤続年数が短い契約社員なんですが住宅ローン審査に通りやすいところってありますか?」契約社員の住宅ローン審査でお悩みの方にまず結論からご紹介します。契約社員の審査で問題になりやすいのが年収額と勤続年数、次に雇用の形態になります。以上を踏まえておすすめするのが楽天銀行のフラット35になります。フラット35は年収の基準が一般的な住宅ローンとは異なり収入に対する返済金額の比率で決められます。勤続年数については最低限1年あれば審査申し込みが可能で正規雇用・非正規雇用・アルバイトなど雇用の形態についての基準も緩くなっています。シミュレーションでいくらまで借りられるかを確認しましょう。。
ネット申し込み
契約社員の住宅ローンはフラット35がおすすめ?

住宅ローンの審査基準として常に重視されるのが安定して収入があることです。

収入が「多い少ない」ということよりも「安定していること」が非常に長期間にわたって期限の利益を受ける住宅ローンについては重要になります。

安定した収入があることが重視されるために住宅ローン審査では正規雇用であることが求められることが多くなっています。

つまり一般的に住宅ローンは正社員でないと審査に通らない、もしくは通りにくいということです。

契約社員や派遣社員、アルバイトの場合収入の基準を満たしていてもそれが安定していると証明することが難しいのが現実です。

そんななかで契約社員の方でも審査に通る住宅ローンを調べるとその選択肢は限られてきます。

非正規雇用でも審査に通る可能性がある住宅ローンとしてまずおすすめなのがフラット35です。

フラット35の基準では正社員や派遣社員といった属性は関係がありません。収入が証明できればいいのです。

勤続年数についても決まった基準がないため一番ゆるいところでは過去1年の収入を証明できる書類の提出が必要なだけといった場合もあります。

また年収の基準は最低400万円~といった金額が決められているのではなく、収入に対するすべての借金の返済額の割合が決められています。

つまり年収が低すぎるから審査の申し込みもできないということが無いのです。

そのため契約社員の方には当サイトではまず楽天銀行のフラット35をおすすめしています。

楽天銀行のフラット35は金利はもちろん手数料もフラット35最安水準となっているので借入れ条件も良くなっている点も見逃せません。

また長期固定金利のフラット35ではなく変動金利や短期固定金利の住宅ローンを借りたいという方には、前年度年収100万円~と年収の基準のハードルが低く設定されているイオン銀行の住宅ローンをおすすめします。

イオン銀行も年収の基準が低いだけではなく変動金利、短期固定金利ともに非常に低い水準に設定されているため充分におすすめできる住宅ローンになっているのが特徴です。

 

住宅ローン≠正社員!安定した収入なら契約社員でもOK

誰もが気になるマイホーム事情。そのときに必要となるのが住宅ローンですが、この住宅ローンを借りるにはいろいろな条件を審査で満たしていかないといけませんよね。

そこで疑問なのが、住宅ローンは正社員でないと借りられないのか?ということです。

住宅ローンを借りる=収入がある・正社員というイメージがありませんか?

でも、住宅ローンを借りられるのは正社員だけではないのです。

実は、正社員でなく契約社員の方でも住宅ローンを借りることができるのです。

パートやフリーターの方はやはりどれだけ毎月収入があっても「安定」しているかどうかというのはすぐにわからなくなりますよね。

一方の契約社員の方は、福利厚生も充実していたり契約期間中は安定・継続した収入があるという保証がありますから、やはり住宅ローンを借りやすくなるというわけです。

住宅ローンを借りるには、正社員ということが必須条件ではなくあくまで「安定・継続した収入があるかどうか」ということが焦点になります。

借入後にきちんと返済していけるかどうかということが重要なポイントになりますので、契約社員の方であろうと安定した収入があれば住宅ローンの借入もOKということですね。

 

契約社員でも住宅ローンOKな銀行って?
中には正社員のみという銀行もありますが、今では多くの銀行が契約社員の方でも住宅ローン融資OKとなっています。少しピックアップしてみますので、参考にしてみてください。

新生銀行 連続就業2年以上で、かつ前年度の年収が300万円以上の正社員または契約社員の方

住信SBIネット銀行 安定かつ継続した収入があること

イオン銀行 安定かつ継続した収入の見込める方

給与所得者は6ヶ月以上の勤務、かつ前年度年収100万円以上の方

というふうになっています。

このように、契約社員の方でも柔軟に対応してくれる銀行が増えていますから、ぜひ審査にトライしてみてくださいね。

 

住宅ローン審査が通りやすい銀行ランキング!

じぶん銀行住宅ローン
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1
  • 三菱UFJ銀行銀行繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座がなくても申込み可能
  • 業界最安水準の金利
スペック
矢印
申し込み



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック
矢印
申し込み



住信SBIネット銀行
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
スペック
矢印
申し込み



au住宅ローン
  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
スペック
矢印
申し込み



イオン銀行住宅ローン
  • 年収100万円以上・安定収入あること
  • 就業連続6ヶ月・事業開始3年以上
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は50万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
スペック
矢印
申し込み