住宅ローン審査の注意点は?

住宅ローン審査に通るための注意点とは?

注意
住宅ローン審査で見落としがちな注意すべきことって?

住宅ローンの審査を受けるときには、できるだけ一回で審査に通過できるようにしたいものです。

ですが住宅ローンの審査に何度も落ちてしまう人もいますので、どういったところに注意しておけば良いのでしょうか?

ここで、住宅ローンの審査を受けるときに注意したいポイントをいくつか挙げていきますのでチェックしてみてくださいね。

安定した収入があるということや、借入時・完済時の年齢はもちろんなのですが、見落としがちなポイントがこちら。

  • クレジットカードをどれくらい持っているか
  • 過去の支払で滞納がないか
  • 支払で滞納や延滞をしたときから5年以上経っているか

…などが挙げられます。

では、具体的にこれらの項目が住宅ローンの審査を受ける上でどう影響するのかを見ていきましょう。

 

クレカの持ち過ぎ注意!使わないものは整理しよう
まずはクレジットカードをどれくらい持っているかということから。

クレジットカードを使っている方は多いと思いますが、中には普段使っているのは1枚だけで、あとはまったく使っていない…というカード、よくありますよね。

スーパーのポイントが貯まるから、などの理由でクレジット機能を使わずポイント機能だけを利用しているということもあると思いますが、これが見落としポイントなのです。

というのも、クレジットカードを持っているということはそれぞれの借入できる可能性があるということになります。

そうすると、当然その額も住宅ローンの審査に含まれてしまうので借入額を引き下げなければならなかったり、審査に通りにくくなってしまうということがあるのです。

つまり、使っていないクレジットカードがあるという場合には、住宅ローンの審査を受ける前に整理しておくことをオススメします。

 

過去の滞納はアウト!5年待ってから再度審査を
次に、過去の支払に関することです。

住宅ローンは長い年月をかけて膨大な金額を返済していくものですから、過去に支払で延滞や滞納があればアウトになりやすいものです。

ではどうすれば良いか。たった1000円の滞納でも個人情報機関にはその内容がデータとして残っているのですが、銀行ではデータが残っている過去5年間の情報をチェックすることになります。

ですから、情報機関からデータが消える5年を目安に住宅ローンの審査を受けることを考えておくと良いでしょう。

自分が延滞していたかどうかわからない…という場合には、この情報機関に問い合わせてみると照会できますから事前にチェックしておきましょう。

住宅ローン審査が通りやすい銀行ランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
住宅ローン審査通りやすいTOP 新生銀行の詳細 住信SBIネット銀行の詳細 当サイトイチオシ!