他に借金があると住宅ローン審査に通らない?

他に借金があると住宅ローン審査は通らない?

借り入れ
他の借金があっても住宅ローンはOK!でも注意は必要

住宅ローンを借りるのにあたって、事前審査を申し込む際に審査基準をチェックすると思います。

あなたの現在の年収はじゅうぶんか、借入額と返済額の割合がどうか、審査前に見ておきたいことはたくさんあります。そのなかに、他社借り入れ、他の借金があるという場合には要注意です。つまり消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを借りている場合には審査に通らないかもしれないという問題です。

実際に住宅ローン審査と他の借金の関係は気になるポイントで、この点についてかなり不安に思っている方も多くなっています。

住宅ローン審査基準で重要視されているのが借入時・完済時の年齢、年収、そしてこの他社借り入れ件数(金額)です。やはり車のローンを含め、カードローンキャッシングや他からの借金が多い場合には審査落ちすることもあるのは事実なのです。

実は見逃しやすい点としてクレジットカードにキャッシング枠がある場合にはあなたが所有するすべてのカードまでチェックされます。

そして他の銀行カードローンはもちろん消費者金融から借り入れがあるか、これらはとても大きな審査基準になっています。

あちこちから借り入れをしている、多重債務の状態であるという場合には、やはり信用度も低くなってしまいます。

たとえば、1社から100万円を借りているという人。一方で、何社からも50万円ずつ借りているという人だと、1社から100万円借りた人に比べるととにかくお金をかき集めるほど生活に困っているのでは?と思われても仕方ありません。

こういった事実があることで審査時の信用度もまったく違いますし、これまでの信用情報を含めてみれば住宅ローン審査に通りやすくなるかどうかというのは一目瞭然です。

 

他社借り入れの借金は件数を減らす&返済してからがベター
では、他の借金があるけどどうしても住宅ローンを借りたい!そんな人はどうしたら良いのでしょうか?

たとえば、その目的や借り入れ場所によっても信用度は変わってきます。教育ローンや車のローン、など目的がはっきりしている場合と、目的が決まっていないフリーローンのキャッシングではおのずと評価が変わってくるのです。

きちんとした手続きを踏んで、目的のある借り入れをしているという人と、消費者金融のキャッシングで借り入れしているという人は印象が違いますよね。

このように、審査時に金融機関がどのように判断するかということで変わってくるのですが、一本化やおまとめをするなどできるだけ件数を減らし、毎月の返済額を少なくしてから住宅ローン審査に申し込むことをおすすめします。

また、1件でも他社借り入れ、借金があったら不利なの?と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

他社借り入れ件数が1〜2件、多くても3件くらいならば審査に通過する可能性も高いのでトライしてみてください。あなたの年収に対する借金の総返済額の割合が低い場合にはそれほど神経質になる必要はありません。

何にせよ、他の借金減らしておいた方が良いということは言うまでもありません。

 

ごまかし厳禁!借金は必ずばれます!
また、注意しておきたいのが年収がものすごく高い人であったとしても、他の借金も多い場合には住宅ローン審査に通りづらいということ。

年収の問題ではなく、借り入れ件数の問題になるということですね。借金がばれない!ということは絶対にありません。

ときどきいらっしゃるのですが、住宅ローン審査に通過したいあまりに他社借り入れ件数をごまかして申請するという人。。

ですが、これはもちろん信用情報機関への信用情報の照会時に過去の金融事故歴を含め借金の借り入れや返済の状況はすべてわかりますので意味がありません。

それどころか、ごまかして申請してしまったことによって嘘をついていたということになりますから、信用度もガタ落ち。まず住宅ローン審査に通過することはないでしょう。

ですから、キャッシング枠のあるクレジットカードが何枚もあるという方はできるだけ枚数を減らすようにし、いくつも他社に借金があるという場合にはきっちり整理してから住宅ローン審査に申し込むようにしましょう。

 

当サイトのイチオシ銀行!
まずは資料請求!
最短即日回答の仮審査申し込みもこちらから

矢印
申し込み

フラット35審査も他の借金で通らない?

借り入れ
フラット35を借りる時の審査の内容は?

35年間という長期間である固定金利で借りられるフラット35が最近非常に注目されています。これは長期固定金利にもかかわらず非常に金利が安いというだけではなく、フラット35独自の審査基準にも理由があります。

フラット35は当然他の住宅ローンと同じように審査が設けられています。しかし一般の銀行の住宅ローンとは少し方向性が異なるのです。

その方向性とは担保の価値などよりも借入れをする方の年収と返済負担比率がより重視される点にあります。実際にフラット35の公式サイトでフラット35に「申し込みいただける方」として記載されている基準を見ると、年齢や国籍条項と年収の基準が書かれています。

そこでは年収に占めるすべての借入れの年間合計返済額の割合(総返済負担率)が基準を満たしている方とあり、年収400万円以上の方は35%以下。年収400万円未満の方は30%以下と明記してあります。

一般の住宅ローンでは会社員の方年収350万円以上などと下限が決められているのですが、フラット35の場合には年収の下限ではなく、年収に対する借入れ金額の比率が決められているという点が異なります。

たとえばシミュレーション上では仮に年収が200万円の方でも住宅ローンを含めた年間の借金の返済額が60万円以下なら借りることができるということになるのです。

年収がネックになって一般の住宅ローン審査が通らないという方でもフラット35であれば借りられる可能性があるということになります。

返済負担比率は住宅ローンだけではなくすべての借入れの返済額の年収に対する比率が問題になるため他の借金が多い場合には当然ながら審査に落ちることになりますが、借金は無いけれど年収が少し低いので審査に通らないと悩んでいる方にはフラット35がおすすめになるのです。

フラット35の審査は仮審査と本審査の2段階が設けられています。

フラット35を借りるためには物件が住宅金融支援機構の指定した条件をクリアしている必要があります。そして当然ですが審査の結果本人の返済能力が無ければ融資を受ける事は出来ません。

審査の方法や詳細については、各金融機関が独自で設定しているので「絶対にこういった方法ですよ」という事は出来ませんが、審査基準は大体同じになっているので、審査の内容を簡単に説明していこうと思います。

まず、仮審査ですが、基準として「債務者本人の評価」「購入物件の担保価値」「返済能力の有無」の3つです。ローン申し込み者はどのような会社に勤めているのか、継続勤務人数はどれくらいかなどといった事を審査します。

また、住宅ローンでは購入する住宅が担保になるので、その住宅の価値も審査基準となります。

最後に返済能力について。ローンの審査ではこれが一番重要になります。ここ数年の年収や月給、ボーナス額、また他のローン会社での債務などが厳しくチェックされていきます。

これで問題がないと判断された場合のみ本審査が行われます。

本審査は仮審査の内容に偽りがないかをチェックしていくようです。仮審査時と現在の状況に変わりはないかどうかを調べていくのですが、これに問題がなければ審査は通るみたいです。

仮審査の内容は基本的に自己申告制となっていますので、偽ろうと思えば偽る事が出来ます。

しかし、これが後々バレてしまった時は信用が一気になくなってしまうので、後での支払い相談などに支障が出てくる危険性があります。

ウソをついて審査を通ろうとするのだけは絶対に止めて下さいね。

 

当サイトのイチオシ銀行!
まずは資料請求!
最短即日回答の仮審査申し込みもこちらから

矢印
申し込み

住宅ローン審査が通りやすい銀行ランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
住宅ローン審査通りやすいTOP 新生銀行の詳細 住信SBIネット銀行の詳細 当サイトイチオシ!