住宅ローン審査連帯保証人

住宅ローン審査は連帯保証人が必要?

保証人
そもそも「保証人」と「連帯保証人」は違う!

何かしらのローン・借金をするというときには「連帯保証人」という言葉が出てくるものですよね。

マイナスなイメージしかない連帯保証人ではありますが、住宅ローンを借り入れる際にも連帯保証人は必要になるのでしょうか?

そもそも連帯保証人というのはどういった存在になるのでしょうか?

「保証人」と「連帯保証人」ではまったく意味が違うことになるということ、ご存知でしょうか?

「保証人」というのは、万が一支払いが滞ってしまったときに保証人に請求がいった場合でも、「まずは本人から先に請求してください」と言って支払を断ることができます。

本人に支払い能力があるのに支払わないという場合でも、支払い能力があることを証明させれば保証人が支払う必要もありません。

一方、連帯保証人は請求が来ても支払いを断ることはできません。

本人とまったく同じ責任を負わされるということです。

ですから、よく「保証人にはなるな」とはいったものですが、これは「保証人」ではなく厳密に言うと「連帯保証人」のことを言うのですね。

 

住宅ローンでの保証料=保証人がいるのと同じ!
さて、住宅ローンを借り入れるときに連帯保証人が必要なのかどうかということですが、一般的な場合ならほとんど連帯保証人は必要ありません。

というのも、通常住宅ローンを借り入れるときには「保証料」というものが必要になります。これは保証会社に対して支払うもので、保証会社とは連帯保証人のような役割をしてくれる会社なのです。

だから、連帯保証人を用意する必要はないというわけなのですね。

ただ、連帯保証人をつけるという場合もあります。

それは、夫婦二人で住宅ローンを共有するという場合、親子リレーローンの場合、保証会社に保証料を支払わない代わりに連帯保証人をつけるという場合などが挙げられます。

一般的には連帯保証人を特別に用意しなければならない、ということはありませんので安心してくださいね。

住宅ローン審査が通りやすい銀行ランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の詳細 住信SBIネット銀行の詳細 当サイトイチオシ!