住宅ローン審査厳しい

住宅ローン審査厳しい?

厳しい?
審査基準の第一は「安定した収入」

「住宅ローンの審査」と聞くと、ちょっと厳しい審査基準が設けられていたり、なかなか審査に通過できないようなイメージがありませんか?

中には何度も住宅ローンの審査に落ちるという人も少なくありません。

ですからとても自分じゃ住宅ローンの審査に通過できないんじゃないの?と思うかもしれませんが、ポイントを抑えておけば大丈夫です。

よっぽど返しきれないほどの金額を借り入れようとしているということでなければですが…、それでは一般的な住宅ローンの審査基準をチェックしていきましょう。

気になる住宅ローンの審査基準ですが、まずは第一に収入があるかどうか。

ですが、一時的に多くの収入があったとしてもその収入が少なからず「安定した収入」でなければいけません。

そのため安定・継続した収入であれば、正社員でなく契約社員や派遣社員の場合でも住宅ローンを借り入れることができるというわけです。

 

余裕のある返済プランで住宅ローンに通りやすくなる!
次に、収入と同じく最も大事なポイントであるのが年齢です。

借入時の年齢とともに完済時の年齢がとても重要で、多くの銀行は完済時の年齢が満80歳未満と決められています。

一般的には35年の借入期間でローンを組むことが多いので、35歳のときに借り入れると完済時には70歳となりますね。

一応完済時の年齢にはまだ余裕があるように思えますが、高齢になると引退したり収入面でもやはり不安が多くなるものですから、余裕を持った返済プランを立てたいもの。

ですからできるだけ借入期間を短く、自己資金を多く用意して借入金額を低くすることでまた審査に通りやすくなるようです。

銀行によっても審査基準の厳しさは違いますから、一行だけでなく複数の銀行に仮審査の依頼をしてみると良いでしょう。

住宅ローン審査が通りやすい銀行ランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の詳細 住信SBIネット銀行の詳細 当サイトイチオシ!