住宅ローン審査に通るコツは?

住宅ローン審査に通るコツは?

厳しい?
審査基準の第一は「安定した収入」

「住宅ローンの審査」と聞くと、審査基準が厳格に設けられていたり、なかなか審査に通らないようなイメージがありませんか?

中には何度も住宅ローンの審査に落ちたという人もいらっしゃるかもしれません。

ですからとても自分じゃ住宅ローンの審査に通過できないんじゃないの?と思うかもしれませんが、住宅ローン審査に通るコツとポイントをおさえておけば決して難攻不落というものではないのです。

どう考えても返しきれないほどの限度額を希望して借り入れようとしているということでなければですが…、それでは一般的な住宅ローンの審査基準をチェックしていきましょう。

気になる住宅ローンの審査基準ですが、まず第一に継続して安定した収入があるかどうか。

安定した収入があること、そしてそれが長く継続すると考えられること、これが住宅ローン審査で最も重視されるポイントなのです。

一時的に多くの収入があったとしてもその収入が少なからず「安定した収入」でなければいけません。平均すれば人並み以上に稼いでいるけれど年収が多いときもあれば少ないときもある、こんな方は最も借りにくい人なのです。

そのため安定・継続した収入であれば、正社員でなく契約社員や派遣社員の場合でも住宅ローンを借り入れることができる場合もあるのです。

 

余裕のある返済プランで住宅ローンに通りやすくなる!

次に、収入と同じく大事なポイントであるのが年齢です。借入時の年齢とともに完済時の年齢がとても重要で、多くの銀行は完済時の年齢が満80歳未満と決められています。

一般的には35年の借入期間でローンを組むことが多いので、35歳のときに借り入れると完済時には70歳となりますね。

一応完済時の年齢にはまだ余裕があるように思えますが、高齢になると病気や介護のリスクが高くなりますし、収入面でもやはり不安が多くなるものです。そのため年齢にも余裕を持った返済プランを立てたいもの。

住宅ローンというのは言ってみれば、人生の中で限られた年齢の限られた期間だけ借りられるもの。実は借りられるチャンスはそれほど多くは無いのが現実なのです。

ですから借入期間は余裕を持った適正な長さであること。自己資金を多く用意して借入金額を低くすることでまた審査に通りやすくなるでしょう。

銀行によっても審査基準の厳しさは違いますから、一行だけでなく複数の銀行に仮審査の依頼をしてみることも基本になります。

住宅ローン審査が通りやすい銀行ランキング!

じぶん銀行住宅ローン
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1
  • 三菱東京UFJ銀行銀行繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座がなくても申込み可能
  • 業界最安水準の金利
スペック
矢印
申し込み


楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック
矢印
申し込み


住信SBIネット銀行
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
スペック
矢印
申し込み


au住宅ローン
  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱東京UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
スペック
矢印
申し込み


イオン銀行住宅ローン
  • 年収100万円以上・安定収入あること
  • 就業連続6ヶ月・事業開始3年以上
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は50万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
スペック
矢印
申し込み