住宅ローン審査年齢

住宅ローン審査の年齢制限は?

申し込み
住宅ローンを借りるなら収入よりも年齢が重要!?

住宅ローンを借りるときには審査が必要となりますが、そこで収入と同じくらい大切な審査ポイントがあります。

それが「年齢」です。住宅ローンを借りる際には年齢制限というものが存在するのです。

住宅ローンを借りるときになぜ年齢が関係してくるのでしょうか?

もし、60歳の人が住宅ローンを20年で組んだとしましょう。20年後に完済するときにはその人は80歳ということになりますから、もしかしたら病気や事故で亡くなっているという可能性も無きにしも非ず。

そうすると、せっかく借りた住宅ローンを返しきれないままになってしまいますから、融資してくれた銀行にとっても大きなマイナスとなります。

そのため、住宅ローンを借り入れる際には年齢制限があるというわけなのですね。

 

銀行によって年齢制限が違うのでチェックを!
一般的に、借入時の年齢は20歳以上、完済時の年齢は80歳未満というふうに定められていることが多いようです。

フラット35のような場合だと、借入時の年齢が70歳未満なら借入ができますので、銀行によっても少し定められている年齢が違うようです。

また、親子でリレー返済を行うという場合にはそれだけではないようなので、場合によって銀行に問い合わせてみてくださいね。

 

どの銀行なら大丈夫?年齢制限はコチラ

ちなみに…

  • 住信SBIネット銀行・満20歳以上満65歳以下で完済時に満80歳未満
  • イオン銀行・満20歳以上満71歳未満で完済時に満80歳未満
  • 新生銀行・20歳以上65歳以下で完済時に80歳未満
  • フラット35・借入時の年齢が満70歳未満

というふうになっていますから、銀行によって少しずつ違っているので借り入れる前にぜひチェックを。

住宅ローン審査が通りやすい銀行ランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の詳細 住信SBIネット銀行の詳細 当サイトイチオシ!